Microsoft Teams チーム作成方法

Microsoft アカウントを作成する

Microsoft アカウントが無い場合、アカウント作成する必要があります。下のURLからアカウントを作成します。

https://signup.live.com/

Get a new email address]を選択するとメールアドレスも作ることができます。

アカウント名を入力し「outlook.com」「hotmail.com」を選びます。[Next]ボタンで次の項目へ

つぎにパスワードを作成し「Next」ボタンで次へ

姓・名を入力して[Next]ボタンで次へ

リージョンと生年月日を入力

上の英数が書いたイメージと同じ内容を入力する。失敗の場合[New]ボタンをクリックし再入力する。入力が完了できたら[Next]をクリックして完了です。

Microsoft アカウントが作成できました。アカウントは下記URLから確認することもできます。

https://account.microsoft.com/

Microsoft Teams [サインアップ]

https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/group-chat-software

上のURLに接続し、[無料でサインアップ]ボタンをクリックします。

先程作成したMicrosoft アカウントのメールアドレスを入力します。

Teamsをどのように使用しますか?という質問項目がでるので「学校向け」もしくは「仕事向け」を選択して[次へ]をクリックします。

仕事向け]のラジオボタンを選択した場合[姓・名]確認と[会社名]が出てきますので会社名を入力します。

これでMicrosoft Teamsのセットアップが完了しました。

アプリをダウンロード代わりにWebアプリを使用]選択ボタンが表示されます。

上記のように「テスト1」という会社名のTeamsが完成しました。

会社名を間違ってしまった場合

Microsoft Teamsで会社名を間違えて登録した場合、下のURLにアクセスします

https://aad.portal.azure.com/

下のような画面がでますので左のメニュー[Azure Active Directory]の[プロパティ]をクリックするとプロパティ画面が表示されます。そこに[名前]項目がありますのでそこを項目を変更し最後に保存します。

Microsoft Teams ユーザー招待

Teams画面左下の[ユーザーを招待]をクリックします。

画面中央に招待方法が表示されます。

メールで招待]をクリック

メールアドレスを入力するリストが表示されるので相手のメールアドレスを入力し右下の[招待状を送信]をクリックする

相手のメーラー側にマイクロソフトからメールが届きます📧

Join Teams]をクリックします。

ブラウザが開き「アクセス許可の確認」画面が出ます。[承諾]をクリックします。

相手のTeamsに「テスト2」が追加されました。右上にドロップダウンリストがありそこで「会社名」を切り替えることができます。

切り替えると、それぞれのTeamsが表示されます。切り替え中は別チームの更新が見れないので、複数のチームがある場合こまめに切り替える必要があります。