JavaScript 配列のソート

Pocket

JavaScriptはデータを連続で並べた配列という変数を持たせることができます。配列は文字列や数値とJSONを配列で扱えます。通常の変数では var a = 100と一つの値をセットしますが、配列数値の場合var a = [100, 200, 300]数値をいくつも入れることができます。たくさんのデータが入るJavaScriptの配列には、ソート(sort)という並べ替えできる機能が付いています。数値の場合[9,8,2,6,5,3]という不揃いの配列の場合ソートは下記のように記述します。

var a = [9,8,2,6,5,3]
console.log(a.sort())

SafariのJavaScriptコンソール(⌘⌥c)で実行すると下記の結果が出ました。

JavaScriptシンプルな配列ソート例
JavaScriptシンプルな配列ソート例

JavaScript配列ソートは、降順に並び替えることもできます。下記は降順した場合のお例です。

var x = [9,8,2,6,5,3]
console.log(x.sort((a,b) => {
    return (a >= b)? -1: 1 
}))

文字列も同じようにソートできます。降順でのコード例です。

var x = ["あいうえお","かきくけこ","サシスセソ"]
console.log(x.sort((a,b) => {
    return (a >= b)? -1: 1 
}))
文字列配列での降順ソート例
文字列配列での降順ソート例

文字列型“あいうえお”の変数を配列に変換した後ソートする場合

var x = "あいうえお"
x.split("").sort((a,b) => {
    return (a >= b)? -1: 1 
}).forEach(_elem => {
    console.log(_elem)
})
文字列をsplitで配列に変換し降順ソートした結果
文字列をsplitで配列に変換し降順ソートした結果

[].sort((a,b) => {})のa,bは、文字列数値以外のオブジェクトにも使えます。

文字列”あいうえお”を一旦id, valueで構造化し、その後に降順にした例です。

let x = "あいうえお"
let y = []
x.split("").sort().forEach((_elem, _index, _my) => {
    y.push({id: _index, key1: _elem})
})
console.log(y.sort((a,b) => {
    return (a.id >= b.id)? -1 : 1
}))
JavaScriptコンソールで実行
JavaScriptコンソールで実行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA