Excel VBA While 繰返し処理 書き方

Excel VBA While文 コード例

Excel VBAで While 文を使った繰返し処理の書き方です。While は、下記コード例のように「While と Wend」間で処理を記述します。

Sub test()
    Dim i As Integer
    i = 1
    While i <= 100   ' i が100以内ならくり返す
        i = i + 1  ' i は1個づつ足されていく
    Wend
    Worksheets("Sheet1").Cells(1, 1).Value = i
End Sub

上記コードの場合 While〜Wendが1〜100まで繰り返され最後に iの中身をセルに書いています。セルには「101」が入ります。

VBAWhile文を使い九九表を作成するコード例です。

Sub kuku()
    Dim nodan As Integer   '○○の段
    Dim row As Integer      ' 行
    Dim kotae As Integer   ' 答え
    nodan = 1
     While nodan <= 9  '1 の段から9の段
        row = 1
        While row <= 9  '1行目〜9行目まで
            kotae = nodan * row '99の計算(掛け算)
            Worksheets("Sheet1").Cells(row, nodan).Value = Str(nodan) & "×" & Str(row) & "=" & Str(kotae)
             If nodan Mod 2 = 0 Then '段が偶数の場合
                Worksheets("Sheet1").Cells(row, nodan).Interior.Color = RGB(235, 240, 235) 'セルの背景色を変更する
             End If
             row = row + 1
        Wend
        nodan = nodan + 1
     Wend
End Sub
Excel VBA While〜Wend 実行結果

2022 MJELD TECHNOLOGIES. ALL RIGHTS RESERVED