macOS Node.js nodebrewを使ったバージョンアップ

nodebrew install-binary

macOSで複数バージョンのNode.jsを使いたい場合「nodebrew」で管理すると簡単にNode.jsのバージョンを切り替えることが可能です。

brewのバージョンを確認しておく

brew -v

Homebrew 3.3.11」と返ってきたおそらく最新に近いバージョンだと思う

brew内でnode.jsのバージョンを管理できる「nodebrew」と云うパッケージがあるのでインストールする

brew install nodebrew

nodebrewがインストールされている場合は、そのnodebrewが古そうであればupgradeする

brew upgrade nodebrew

使いたいnode.jsのバージョンを確認

nodebrew ls-remote

ls-remoteで利用したいnode.jsのバージョンを確認する

nodebrew ls-remote 実行すると利用できるnodeバージョン一覧が表示される

v16.13.2があったのでそれをローカルmacOSに入れて使うことにする。

node.jsのバイナリをダウンロード

nodebrew install-binary v16.13.2

コマンドラインで「nodebrew install-binary バージョン」エンターするとnodebrewで指定したバージョンがインストールされる。

nodebrew list
先程install-binaryを実行した v16.13.2が入っている

この時点ではv16.13.2はダウンロードできたが利用できていない利用するには「nodebrew use」を実行する

nodebrew use v16.13.2

「nodebrew ls」を実行すると「current: v16.13.2」と表示されていればOK