Swift スコープ内Finally的なステートメント defer

Swift スコープ内Finally的なステートメント defer

deferはスコープを出る直前に実行できるコードを指定できます。Finally的な使い方ができます。Unsafeなallocate()をdeallocate()する場合に便利です。

public func test() -> Void{
	defer { print("Start defer") }
	print("Start Function")
}

上記コード例の場合結果は下のようになります。

public func test() -> Void{
	defer { print("Start defer 1") }
	defer { print("Start defer 2") }
	print("Start Function")
}

上記コードのようにdeferを複数いれることもできます。

この場合の結果は下記です。

Start Function
Start defer 2
Start defer 1

“Start defer 1”が一番最後に実行されました。

deferは、for などのスコープ内で利用することもできます。

public func test() -> Void{
	for i in [1,2,3] {
		defer { print("Statement defer \(i)") }
		print("Statement \(i)")
	}
	defer { print("Function defer") }
	print("Function Start")
}

上記コードを実行した場合下記のような結果でした。

2022 MJELD TECHNOLOGIES. ALL RIGHTS RESERVED