AWSからSMS(ショートメール)を送信する

AWSからSMS送信

SMS(ショートメール)は電話番号を宛先として短い文章を送信できる仕組みです。最近では、本人確認のためSMS(ショートメール)を使った二段階認証を用いたシステムも増えてきています。AWSでは「Amazon Simple Notification Service」というサービスが提供されていて誰でも簡単にSMS送信を試すことができます。下記はNode.jsを使ったSMS送信例です。

const AWS = require('aws-sdk');

exports.handler = async (event) => {
    let sns1 = new AWS.SNS({region : "ap-northeast-1"})
    return await sns1.publish(event).promise()
}

let aTest = exports.handler({
    Message : "Mjeld Technologies \n認証コード: xxx1",
    PhoneNumber : "+81電話番号",
    MessageAttributes : {
        'AWS.SNS.SMS.SenderID': {
        'DataType': 'String',
        'StringValue': 'MJELD'
        }
    }
})
Promise.all([aTest]).then((athreadList) => {
    athreadList.forEach(aVal => {
        console.log(aVal)
    })
})

exports.handler = async (event) => {}に実装しているのはlambdaでもテストできるように書いています。eventオブジェクトの中のMessageが本文で、PhoneNumberに+81のつく電話番号を設定します。