JavaScript 連想配列(オブジェクト)の結合 コード例

Pocket

JavaScript で、 複数の 連想配列(オブジェクト)型の 変数を 結合させるにはassign()を使います。

下記は Object.assign()を使ったコード例です。

let obj1 = {Name: "アレギウム", Age: 20}
let obj2 = {FirstName: "マヌエル", ID: 100}
Object.assign(obj1,obj2)
console.log(obj1)

実行すると 下のように obj1とobj2の 内容が結合されます。

Object.assign()実行結果

変数に同じキーが入っている場合は、 assign()の2番目の引数の値が使われるようでした。

assign(target, source)になっていて

@param target コピー先のターゲットオブジェクト。
@param source コピー元のソースオブジェクト。
let obj1 = {Name: "アレギウム", Age: 20}
let obj2 = {FirstName: "マヌエル", ID: 100}
let obj3 = {Address: "日本"}
Object.assign(obj1,obj2,obj3,obj3,obj3,obj3,obj3)
console.log(obj1)

引数内に変数は何個渡しても大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


2022 MJELD TECHNOLOGIES. ALL RIGHTS RESERVED