MariaDB uuid()カラム作成

Pocket

MariaDBにはUUIDを生成するためのUUID関数が利用できます。UUID関数を使うことでユニークなIDを取得できPRIMARY KEY(主キー)として利用することも可能です。下のSQLはSELECTを用いたUUID生成例です。(MySQLでもUUIDは使えます)

SELECT UUID();
select uuid() 例
select uuid() 例

テーブル作成時にカラムのdefaultにuuid()を入れることもできます。下記はt1という名称のテーブル作成時s1カラムのデフォルトとしてuuid()を設定しています。

create table t1 ( s1 varchar(40) not null default uuid(), primary key(s1) );

テーブルt1にレコード追加を試してみます。

insert into t1 values();
レコード挿入
レコード挿入

テーブルt1をSELECT文で確認すると、上のようにカラムs1にUUIDがセットされていることが確認できます。。つづいて、このテーブルt1にもう1つs2というカラムを追加し、そのカラムにUUIDがデフォルトで入るようにします。

alter table t1
add column s2 varchar(40) not null default uuid() after s1,
add unique index i2 (s2);
default uuid()カラム追加
default uuid()カラム追加

uuid()がデフォルトに入っているので カラムs2を追加するとレコード内s2にuuidが入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA