Swift #selectorと@objc func

Pocket

Swiftを使っていると必ずSelector引数で渡すファンクションが出てきます。Selectorはstructなのですがここに@objc関数を渡す場合#selector()に包んで渡す必要があるようです。引数にわたす場合#selector(funcName(_:))こんな感じに関数を入れればいいのですが 渡された側はどのように処理をしているのか調べてみました。

class TObject: NSObject {
    override init() {
        super.init()
    }
    @objc func a(_ :Any) {
        print("function a")
    }
    func b(_ f:Selector){
        self.perform(f)
    }
}
let a1 = TObject()
a1.b(#selector(a1.a(_:)))

TObjectというオブジェクトを作成しa と bの関数を作っています。aの関数は@objcです。最後の2行で実行します。b()にaの関数を入れてb()の中のperform(f)でa()を実行しprint(“function a”)を呼んでいます。NSButtonのaction: Selector?もこのように実行されているのかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA