SwiftUI EditButton 編集モードに切り替えるボタン

Pocket

SwiftUIでのEditButtonは、Viewの.editModeBinding<EditMode>)を切り替えるためのボタンです。下記はシンプルな実装方法です。

struct EditButtonTest: View {
    var body: some View {
        EditButton()
    }
}

上記のように書くとiOSの画面ど真ん中に[Edit]というボタンが配置されています。実行し[Edit]ボタンをタップすると[Done]に切り替わります。

[Edit|Done]の切り替えを確認する場合、下記のような@Environmentを宣言します。

@Environment(\.editMode) var mode

切り替えを確認する場合上記のmode?.wrappedValueが[.inactive|.transient|.active]で判断できます。

下のようにテキストフィールドを配置し、EditをタップするとTextFieldに書き込みができるように実装してみます。

struct EditButtonTest: View {
    @Environment(\.editMode) var mode
    @State var edit1: String = "ダミー"
    var body: some View {
        VStack{
            HStack{
                Spacer()
                EditButton()
            }
            HStack{
                Text("名前")
                    .padding(.all, 4.0)
                if self.mode?.wrappedValue == .inactive {
                    TextField("Name",text: $edit1).padding(.all, 4.0).disabled(true)
                }
                else {
                    TextField("Name", text: $edit1)
                        .padding(.all, 4.0).border(Color.gray, width: 2)
                    Button(action: {
                        self.edit1 = ""
                    }){
                        Image(systemName: "nosign")
                            .foregroundColor(.red)
                    }
                        
                }
                Spacer()
            }
            
            Spacer()
        }
        .padding(.horizontal)
    }
}

実行すると下のような挙動です。

EditButton SwiftUI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA