Python boto3 Amazon SES メール送信

Pocket

AWSAmazon SES を利用し、 Python + boto3 から メール送信する コード例です。

Amazon SES は、ユーザー自身の Eメールアドレスとドメインを使用して Eメールを送受信サービスを提供しています。

SES画面左側の「Verified identities」を選択し 「Create identity」で自分のメールアドレスを登録します。

[Create identity]で設定完了すると Amazon Web Services から自分宛てにメールが届きます。 本文のリンクをクリッククリックし verification します。

上記の設定完了後、 Python + boto3 から SES送信 をテストします。

SES送信 コード例

import boto3
ses = boto3.Session(region_name="ap-northeast-1",
    aws_access_key_id="アクセスキー",
    aws_secret_access_key="シークレット").client("ses")
res = ses.send_email(
    Destination={'ToAddresses': ["宛先自分のメールアドレス"] },
    Message={
        'Body': { 
            'Html': { 'Charset': "UTF-8",'Data': "<html><body>HTMLの場合の本文</body></html>"},
            'Text': { 'Charset': "UTF-8",'Data': "テキストの場合の本文"}
            },
        'Subject': { 'Charset': "UTF-8",'Data': "タイトル"}
        },
    Source="自分のメールアドレス"
    )
print(res)

自分の gmailだと 下のような 「このメールはなりすましの可能性があります。」とでてしまいます。 ドメインあれば DNSでこのメッセージは回避できます

「このメールはなりすましの可能性があります。」メッセージが表示される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


2022 MJELD TECHNOLOGIES. ALL RIGHTS RESERVED