C# .NET6 macOS Excel読込 / 書込

Pocket

C# .NET6でExcelファイルを読書する場合NPOIと云うパッケージあります。NPOInugetで公開されていて、dotnetの「add package」コマンドを使えば簡単に利用できます。「add package」は下記のようにターミナルから実行します。

dotnet add package NPOI --version 2.5.5

Excelファイルを読み込んでセル内の文字列を取得

macOSのOffice365からExcelでファイル新規作成しました。ファイル名は「Book1.xlsx」です。セルA1に「ジュアン・リコ」という文字列を入れました。

Excelファイルを新規作成しBook1で保存
Excelファイルを新規作成しBook1.xlsxで保存

セルA1に入れた文字列をC# .NET6で取り出すコード例です。

using NPOI.XSSF.UserModel;
var book = new XSSFWorkbook("Book1.xlsx");
var sheet = book.GetSheet("Sheet1");
var row = sheet.GetRow(0);
var cell = row.GetCell(0);
Console.WriteLine(cell.StringCellValue);

最後の StringCellValueに「ジュアン・リコ」が入っていました。

VSCodeデバッグ実行
VSCodeデバッグ実行

コード例はシンプルに書いていますが、sheetをGetRow()やGetCell()する場合は、その行に何も入っていなければ問答無用でnullが入ります。nullチェックなどの処理は必要かと思います。

Excelファイルにデータ入れて保存

読み込んだ先程のExcelファイルのセルA1を書き換えて保存したい場合はStringCellValue()を使います。上のコードに下記を追記します

if (cell != null){
    cell.SetCellValue("ロジャー・ヤング");
}

Write()を実行するとセルA1の変更された内容が保存されます。

book.Write(new FileStream("Book2.xlsx",FileMode.OpenOrCreate));

Book2.xlsxというファイル名で保存しました。Book1で保存しなかった理由は、Office365で新規作成したExcelファイルに上書きするとデータがキレイに書けていないようでExcelで開くと下記のようなメッセージがでました。別ファイルで保存するとその後Excelで開くことも成功しました。

上書きするとExcelファイルが壊れた
上書きするとExcelファイルが壊れた

他の行やセルにデータを入れたい場合はGetRow()でnullが返るのでCreateRow()したあとCreateCell()する必要があります。

var row1 = sheet.CreateRow(1);
row1.CreateCell(0).SetCellValue("キャンプ・カリー");

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


2022 MJELD TECHNOLOGIES. ALL RIGHTS RESERVED