macOS curlでPOST

Pocket

AWS API GatewayなどWebAPIのテストを行う場合、さまざまなRESTクライアントツールがありますがmacOSのターミナルからコマンドラインツールのcurlは使い勝手もいいので快適です。curlmacOSのパッケージ管理ツールHomebrewを使えばコマンド1行でインストール可能です。curlのインストールコマンドは下記です。

brew install curl

curlはコマンドにURLを入れるだけでGETとして利用できます。

curl https://mjeld.com/

WebAPIに接続する場合GET以外にもPOST, DELETE, PUTなども使います。その場合下記のようなコマンドで可能です。

# POST の場合
curl -X POST -H "Content-Type: application/json" -d '{"key1":"値1", "key2":"値2"}' https://xxxxx.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/xxx

-Xの後をDELETE,PUTに入れ替えることもできます。-Hはヘッダーで-dはデータです。ヘッダーやデータの文字列が多い場合@を付ければファイル名を指定できます。

# DELETE
curl -X DELETE -H @header.txt -d @body.txt https://xxxx.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/

# PUT
curl -X PUT -H @header.txt -d @body.txt https://xxxx.execute-api.ap-northeast-1.amazonaws.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA