VSCode Python .vscodeフォルダ内でのインタープリターパス設定

Pocket

VSCodePythonのパスが通っていない場合や、

特定のバージョンのPythonを利用したい場合に、

.vscodeフォルダ内で Pythonのpathを設定する

デバッグを開始する前に Python インタープリターを選択する必要があります。
デバッグを開始する前に Python インタープリターを選択する必要があります。

python.exeのPathが設定されていない状態では上↑のようなメッセージが表示されます

[Python インタープリターの選択]ボタンをクリックしPythonのPathを入力すれば解決するのですが、 .vscodeフォルダ内でsettings.jsonを作ればフォルダ単位でPathを作成できます

settings.json 作成

フォルダ内の.vscodeフォルダにsettings.jsonファイルを作成する

.vscodeフォルダが ない場合は、 作成する

# PowerShell 
# .vscode フォルダ作成
New-Item -Type Directory .vscode 
# settings.jsonファイル作成
New-Item -Type File .vscode\settings.json
settings.jsonファイル
settings.jsonファイル

settings.jsonファイルに下記のJSONを書く

{
    "python.defaultInterpreterPath": "C:\\Users\\xxx\\AppData\\Local\\Programs\\Python\\python.exe"
}

上記JSONのPythonパスは適当なので、自分の環境に合わせる

設定後、 VSCodeでデバッグ実行[F5]を試す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


2022 MJELD TECHNOLOGIES. ALL RIGHTS RESERVED